前へ
次へ

正当な問題の労働相談

労働相談では、トラブルを未然に防ぐ意味で大いに利用してほしいとも思います。最近では、不当な理由で解雇された、という相談は非常に少なくなっています。ただし、労働相談では処分される可能性が0ではないため、タイミングを誤らないように早めの相談をしましょう。成績不振だという相談だって可能です。適性が著しく低かったのかもしれませんが、能なし、不良な社員であるはずがありません。それならば採用されていないはずですし、契約社員とした雇用関係で良かったはずです。成績不振は、労働者の能力によるところも確かに大きく占めるでしょうから、会社も研修などの措置も施します。ある程度の採り得る配慮を尽くしている会社が大半を占めています。なかには、労働者の気持ちを汲み、配置転換してくれるケースもあります。労働相談では、成績不振から解雇を告げられた憤りをぶつける労働者が少なからずいるといいます。しかし、相談者に指導することもあるのです。納得できないかもしれないけれど、こういった配慮がされていたのなら、正当なものであることを伝えています。ある日突然、理由も告げられず、そうしたトラブルが起こるなら、合理的な理由を欠いていないか、まずは確かめましょう。

Page Top