結婚指輪を買う時の注意

結婚が決まったら幸せいっぱいで何をするのも楽しいのではないでしょうか。

結婚式を挙げるのであれば、結婚が決まったら毎日がとても忙しくなりますが、入籍だけで済ますというなら比較的ゆっくりと過ごせるようです。

結婚が決まったら、結婚指輪を買うことになるでしょうが、これを買う時にいくつか注意しておきたい点があります。

婚約指輪もそうですが、結婚指輪もいろんな金額のものがあり、いきなりお店に行ってもあまりにもいろいろありすぎて決められないのが本当のところです。

●参考リンク>>《URL:http://www.marriage-ranking.jp/

結婚指輪は、たいてい男性が買うかと思いますが、まず予算を決めておくと良いでしょう。

結婚指輪を買うのに予算だなんて、なんだか現実的過ぎていやだな~と思う女性もいるかもしれませんが、やはり男性にいくら位のものを考えているか聞いてから買いに行った方が良いです。

○万円まで、と決めておくだけでも、範囲が決まるのでその中から気に入ったものを選べます。

いくらのものでもいいよ、なんていう男性はほぼいませんので、だいたいいくら位までと考えているかを聞いてあげると男性も気が楽になるのではないでしょうか。

また、結婚指輪を選ぶのは女性が主導権を握るでしょうから、女性に任せてしまった方が良いでしょう。

インターネットでも結婚指輪はどんなものが人気になっているかを紹介していますので、それらを参考にして決めておくとお店に行ったときにあれこれ悩むことはありません。

だいたいのものを決めておいて、お店に行くようにすると早く決まるので疲れなくて良いですよ。

記念日に渡すという選択肢

結婚指輪は挙式の時に行う、指輪交換の儀式の時に用意するイメージがありますが、すべてのカップルがそうだとは限りません。

・結婚式をしない場合

結婚をする時必ずしもすべてのカップルが結婚式をするとは限りません。

今は地味婚が主流となっており、できるだけシンプルに、自分たちらしい結婚式をするのも人気です。

あえて式という形をとらず、ごく親しい人だけを招待して食事をするというスタイルも増えています。

こうなると特に指輪にはこだわらないので、絶対になくてはならない物ではありません。

・予算の都合

いろいろな事情で結婚式もできず、結婚指輪も用意できないという人は意外と少なくありません。

こればかりは仕方ありませんが、すぐに準備できない時は、何年か経った時の結婚記念日に改めて結婚指輪を贈る、もしくは交換するという選択肢もあります。

結婚式をしないと自動的に指輪も省略となりがちです。

しかし結婚指輪というのは、特にこだわりがない人でも指にはめれば特別感が出ます。

すぐには無理なら、何年か経った結婚記念日に準備してみるのもいいかもしれません。

・まとめ

世間一般の常識もありますが、結婚指輪に関してはそれぞれが決めたルールでもいいのではないでしょうか?

結婚するタイミングは人により違いますから、結婚指輪を用意するタイミングが少し遅くなってしまうのも、そのカップルのスタイルとして受け入れていきましょう。

既に結婚していても、もう一度プロポーズするのも素敵です。